「大阪せともの祭」茶碗供養
浪速の夏の風物詩。大阪せともの祭は毎年7月21日・22日・23日の3日間、坐摩神社・火防陶器神社で行われます。
「大阪せともの祭」は江戸時代初期から受け継がれてきた、300有余年の歴史と伝統を誇る行事です。
古く寛永年間より既に西横堀川西岸一帯は、せともの問屋が軒を並べせともの町と称され、火除けの守護神として祭祀する、火防(ひぶせ)陶器神社に陶磁器皿作り人形を奉納し茶碗を供養する盛大な夏祭りを行い、今日まで継承されてまいりました。
平成21年4月、大阪市指定無形民俗文化財となり、茶碗供養やジャズコンサート、能登輪島市無形民俗文化財の御神事太鼓などが行われます。神社境内では陶器市が開かれます。